分かる人はうなずく、まっきーさんにメイドカフェ界隈のトレンドを聞いてみた

こんにちは、今月メイド喫茶イベントを秋葉原で開催する、まいきーです。

メイド喫茶リターン』(8/4日、8/11日、8/23金、8/25日 12:30〜22:00)

1日目を無事乗り切り、残りの日程もなんとか成功させたい…そのためにもメイド喫茶というものをより詳しく知らなければなりません。

そこで今回は、数え切れないほどのメイド喫茶・コンカフェを巡り、『コンセプトカフェデータブック』を書いているまっきーさんにお話を聞くことにしました!

===========

<まっきーさんプロフィール>

旅とお酒とメイドカフェ・メイドバーが好きな、メイドカフェクラスタ。旅に行くと、ついメイドさんのお店がないか探してしまう。メイドカフェの同人誌を作りはじめて5年たちました。

===========

制服のクオリティをどのお店も追い求める

まいきー
それでは早速、取材させていただければと思います!

まっきーさんとはなんか実際にこうゆっくり話させていただく機会って…

まっきー
たぶんない…
まいきー
初めてですよね!
まっきー
うん!
まいきー
最後にお会いしたのが…昨年の冬コミケ…??
まっきー
本当に短い時間喋ったくらいでしたね。
まいきー
あれ以降、今年は仕事がバタバタしていて。

メイドカフェ遊びに行ったりとかする時間も減っちゃってたのですが、ようやく今メイドカフェ通いを復活しました。

メイドカフェポータルZというブログも書いてもいて、まっきーさんに前々から取材したいなと思っていました。

まっきー
はい、わかりました!
まいきー
今のメイドカフェ界隈のトレンドをお聞きしていきたいです!
まっきー
最近はやっぱり働く側の女の子ウケするために制服をちゃんと作るお店が増えてますね。

しっかりとしたお店だとオリジナルで作るとか、メイドさん自身がデザインするというパターンもあります。

まいきー
すごいですね〜!

じゃあ今のトレンドとしてメイドカフェがたくさん増えたことによって、メイドの女の子を獲得する争いが激しくなって、彼女らをひきつけるためにメイド服をしっかりとした業者に発注するということですね。

まっきー
そうですね、これは結構どのお店もやっている感じがしますね。
まいきー
確かにかわいい制服だとテンションも上がって、仕事がしたくなると。
まっきー
そうそうそうそう。
まいきー
どこだっけな確か、猫耳メイド屋とかはオリジナルだったとか。
まっきー
あ、そうですよね!まいきーさん、ハマってるって聞きましたよ。

あそこはたぶんオリジナルだと思います。

まいきー
経営者が有名コスプレイヤーとかで、火将ロシエルさんでしたかね。
まっきー
あと、制服で最近凄いなと思ったのはブルーエッグですね。
まいきー
あ、僕あまり知らないかもしれないですね。
まっきー
あのなんていうんだろ、ちょっとエッチなんですよ。
まいきー
あ、そうなんですか!
まっきー
ただデザインが素晴らしくって、これけっこうお金かかってるだろうなって思いますね。
まいきー
ブルーエッグってオープンしたのは最近めでしたか?
まっきー
最近ですね、いつだろ今年の3月くらいだったような気がします。
まいきー
どこかの系列店でしたか?
まっきー
名古屋の何だっけ、あそこ。
まいきー
コーヒー出すところですか?あれ、ちがうかな?
まっきー
あ、コーヒー出すところ!
まいきー
ですよね、ですよね!笑
まっきー
コモレビフィーカ?
まいきー
あ、そこだ!コンセプトは結構ガラッと違うんですね。

コモレビフィーカだと店内が落ち着いていてオルゴールが流れるような空間で、メイドさんがコーヒーを淹れてくれるみたいな。

まっきー
あと、個人的に衝撃を受けたのは超能力カフェZEROですね。
まいきー
え、それ知らない初めて聞きました。
まっきー
あの、透けてるんです。
まいきー
何がですか、あっ、メイド服が?
まっきー
はい。
まいきー
中になんか水着着てるみたいな?
まっきー
そうそうそうそう。
まいきー
それどこにある店ですか。
まっきー
秋葉原!
まいきー
あ、知らない。そうなんですね。
まっきー
秋葉原の昭和通り口の方。ちょっといま僕の中で話題の大橋ビルってあるんですけども1階にゴーゴーカレーが入ってるビルなんですよね。

昔ぴなふぉあpetitが入っていたビルなんですけど、観測した限りコンセプトカフェが6件ほど入っていますね。

まいきー
電気街口から出たメインどころではなくて、今そっち側に増えてるんですね。家賃も抑えられるっていう関係なんですかね。
まっきー
そうなんですよね。今の秋葉原は飲食物件が少ないんですよ。

ツテがないと見つけられない物件が多い印象です。

まいきー
じゃあ新しくお店オープンさせたいって人はなかなか秋葉原では難しそうですよね。
まっきー
その影響なのかわからないんですけど、だんだん新規店が北上していっている傾向があります。
まいきー
上野とか湯島あたりですか?
まっきー
そうそうそう。湯島は飲み屋がとても多い所なんですが、湯島の空き物件をうまく見つけてコンカフェにする傾向があるのかなと思っています。
まいきー
気絶さんっていうお店でしたっけ?
まっきー
そうですね!
まいきー
たしかになあ、秋葉原だけでもコンセプトカフェは100店舗以上ありますもんね。
まっきー
そうですねぇ、一旦トレンドの話に戻しましょうか。

カフェ形式からバー形式への転換

まいきー
そうですね!まず一つ目のトレンドとしては制服が女の子に刺さるようなクオリティの高いものを各店舗が用意しているということですね。

その他にここ数年で変わったと感じることはありますか?

まっきー
昔のメイドカフェって喋れなかったんですよ。
まいきー
ほうほうほう。
まっきー
どういう時に喋るかっていうと、例えばお水を空にして注ぎに来た時に、注目アイテムをテーブルに置いておいて、これについて喋ってくれみたいな念を送ってた。

しかしながら、10年ほど前あたりから、喋れるお店というのが増えてきました

まいきー
あー、お店の前の看板とかで「1番喋れるお店」ってたまに見ます。
まっきー
そうそうそうそう。当時のオタクは何が不満だったかというと、喋ることができなかったことです。

そして、それを商売にしようという考えで、そういうお店が増えていった。

まいきー
どっちかというとメイドカフェというよりメイドバーに近い形ですよね、喋れるっていうのは。
まっきー
そう!その通り!

昔のメイドカフェを今体験できるところって秋葉原にあるJAM Akihabaraだと思うんだけど、あそこって何もしなければ何もないんだよね。

いまのメイドカフェとかコンカフェは、メイドさんと真向かいになれるカウンターになっていることが多くなり、喋ることを前提とした店作りになってる。

まいきー
昔はどっちかというと鑑賞というか見ることがメインで、今はお喋りがができるお店が増えていったと。
まっきー
そうですね、ただそれの代償としてチャージ制を導入するお店が増えました。

当初は1回チャージでした。しかしながらいろいろな費用の問題で1時間制のチャージになり、消費税が8%になったあたりに、飲み放題の料金システムが増えたりとか。

一つのトレンドとして、ロングメイドでゴシック調のメイドバーっていうのもできています。

なんでカフェじゃないのっていう話ですが、おそらく元が取れないのではと考えます。

以前、町田のメイドカフェでそのような店がありましたが、半年くらい前に店はそのままでバー形式に転換したことがありました。

まいきー
結局バーの方がお酒がでるからその分、儲かるんですね。
まっきー
そうなんですよね、単価の問題で。

特に、いま秋葉原って非常に家賃が高いんで新規でカフェ作るのは無理なんじゃないかなと僕は考えています。

土地持ってる人が趣味でやるとかなら、できると思いますが。

まいきー
うーん、部分的にはメイド要素がある椿屋珈琲店は、もともとメイドカフェからの分類ではないかもしれないですが、ロングメイドでカフェの中でもゆっくり過ごせるような場所としては確立されているのかな。
まっきー
そうですね、キュアメイドあたりを参考にしてると僕は思ってるんですよね。

ただ、皆あそこはメイドカフェだと認めてないのはオタク要素がゼロだからです。

まいきー
確かに確かに確かに、オタク要素ゼロです。
まっきー
まとめると、2つ目のトレンドとしては、お店がカフェ形式からバー形式に移ってきたことですね。

地方からスナック型のコンカフェが広がる

まいきー
今後メイドカフェってどうなっていくんでしょうね?
まっきー
未来の展望を話しましょうか?現状をいろいろ話したので。
まいきー
今後どうなるのか全然想像が出来なくて。
まっきー
マクロな視点で見るとスナック型のメイドカフェは増えていくと考えています。

今までメイドさんを経験した人たちが成長していく訳じゃないですか。

かつてのメイドさんも、30歳とか40歳になっていくわけですが、旦那の実家とか東京ではないところに散らばって、地方で空いてるスナックなんかがコンカフェ化するのではないかと考えています。

まいきー
へぇ!
まっきー
そういう人たちが全国に散らばれば、結果的に地方に増えていくのかななんて。
まいきー
出張とか引っ越しでも、どこに行ってもそういうお店があって。
まっきー
いわゆるメイドスナックですよね。ちょっとしたお酒と料理を出して、「昔はよかったね〜」って会話するくらいのお店。地元の若いオタクの女の子がそこで働いている感じ。
まいきー
スナックであれば人生経験あるママさんが人生相談乗ってくれるみたいな良さがありますね。
まっきー
そうそう、かつてのメイドさんの今後の道を作れればいいなと僕は思っています。現状だとメイドさんは年齢を重ねると働けなくなっていく可能性もあるので。

30歳とか超えるような人が今後もメイドさんなどオタク趣味を生かして働き続けられるような職場になっていく、そういう風な傾向になればいいなって思っています。

まいきー
うわー、とても勉強になりました!

①制服のクオリティをどのお店も追い求める
②近年のカフェ形式からバー形式への転換
③今後、地方からスナック型のコンカフェが広がる

がメイドカフェ界隈のトレンドということなんですね。本日はありがとうございました!

===========

<まっきーさんよりお知らせ!>

コミケ96 夏コミでサークル「まっきーのメイドバーレポート」で 「秋葉原コンセプトカフェデータブック 2019夏」 という同人誌を頒布します!
メイドカフェとか、コンカフェに深く興味ある方は、ぜひお立ち寄りください。

日時:8月11日(日) コミックマーケット96 3日目 場所:東京ビックサイト 西2ホール あ-31b「まっきーのメイドバーレポート」

「秋葉原コンセプトカフェデータブック2019夏」の紹介ブログはこちら

===========

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA