「メイドさんと話したい」を考えてみた

※今回は”メイドカフェ”という前提で話します。”コンセプトカフェ”全般とは、また別です。

 

こんにちは。875です。今回はかなり、個人的な考えを述べます。あくまで、一ヲタクが感じたことなので、これが正しい訳ではありません。

 

「メイドさんとお話できない、他の人はたくさん話してるのに」と言うのは、よく聞く話です。いやー、やっぱり他は羨ましく見えるものですよ。私も「上手くお話できない、他の方は楽しそうにお話してるのに!」と病んだことありますしね。

病んで当然です、私はヲタクだから(ドヤ)

 

“メイドカフェ”と言うと、「メイドさんとのお話を楽しむ」と想像される方もいるかもしれませんが、それはあくまでサービスの一部で絶対ではありません。

メイドカフェとは、メイド服を着たメイドさんが、客をご主人様お嬢様に見立て、飲食を提供するというところと、捉えるといいかと思います。

そこに色んなお店で、サービスの色が違うわけです。

 

 

・メイドさんと話したい

話せるタイプのメイドカフェだったら、やっぱりお話したいですよ。人間だもの。私だってメイドさんとお話したいわ。

 

・会話は一番優先順位が低い

メイドさん側にしたら、会話は一番優先順位の低いものです。色々な業務を終え、できそうならばご主人様お嬢様と言葉を交わす。お話を優先したら、飲食店としてまわってきません。と勝手に解釈してます←

こういう風にメイドさんと私達と事情が違うから、すれ違う訳なんですね。

 

そこで、どうしたらいいのか?

 

・チェキやメイドドリンクなど、アミューズメントメニューを頼む

一番手っ取り早いかなと。会話の機会を生まれやすくするのも、一つの手だと思います。

 

・メイドカフェで過ごすアイテムを持っていく

本であったり、ゲームであったり、パソコンであったり、何なら私は折り紙してたときもあります(笑)それがきっかけで、声を掛けてもらえるかもしれません…よ?

 

・メイドさんをじっくり見てみよう

「メイドさんを眺める」って、結構色んな発見ができますよ。私は、紅茶を淹れる所作が大好きです。凄くメイドさんっぽくないですか!?

あとは、先輩メイドさんが新人さんが教えてる。萌える。

メイドさんをじっくり見つめると「この人はおじぎが綺麗だな」「この人は、新規の人にも話を振るのが上手いな」「ドリンク用意してるときの、真剣な表情が凛としてるな」とか、メイドさんの良さに気づきます。「あー可愛い執事になりたい」「あー可愛い彼女にしたい」とか、不健全な妄想をしても大丈夫!

 

 

一番良くないのは、態度に出すことです。

メイドさんは、その時々の状況で色んな形で、我々を快適に過ごさせてくれるわけです。

間違っても、メイドさんに怒鳴るとか、ポイントカードや小銭を投げつけるとかしないでください(実話)

 

私も、メイドカフェの楽しみをたくさん見つけていきたいと思います\(^o^)/

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA